臨床検査技師の職務内容|iDoctor臨床検査技師

TEL:0120-936-520

臨床検査技師の職務内容

臨床検査技師の業務内容は、大きく分けて以下の2つがあります。

  ・生理学的検査  ・検体検査

生理学的検査とは、患者さんに対して直接行う検査の事です。主な検査として、心電図検査、心音図検査、脳波検査、超音波検査、眼底写真検査、聴力検査、筋電図検査、呼吸機能検査、MRI(磁気共鳴画像)、サーモグラフィ(熱画像)などがあります。

検体検査とは、患者さんには直接触れず、患者さんの血液や尿、便、髄液などを用いた検査のことです。代表的なものとして血液検査が挙げられます。患者さんの体液中の物質の濃度や働きを測定するのみならず、組織の一部を採取し、がん細胞を検索する組織診断等もあります。また、血液検査を目的とした場合に限って、採血業務を行うこともあります。

病院やクリニックであれば、これらの業務すべてを行っていることが多いですが、臨床検査センターなどでは検体検査を中心に行っています。検査設備を持たない小さな病院やクリニックから血液や尿、細胞などの検体を預かって、検査を代行することが多いようです。

勤務先によって対象としている患者さんも異なります。病院やクリニックであれば、多種多様な患者さんを相手に、様々な検査を行うことになるでしょう。一方、健診センターでの勤務であれば、検査対象は健康な方が多くなります。また、病院では緊急検査に対応できるよう当直勤務もしばしばありますが、健診センターでは当直の代わりに夜勤があることが多いようです。

患者の病気診断や治療方針を決定したり、また病気の早期発見や予防を行うために臨床検査は必要不可欠なものとなっています。実際、予防医療の重要性に注目が集まるようになってから、健診センターにおいても臨床検査技師を常駐させるケースが増加傾向にあるようです。

分析機器の高度精密化、またチーム医療に関する意識の向上により、臨床検査技師は非常に大きな役割を果たしています。特に超音波(エコー)検査や磁気共鳴画像(MRI)検査等においてその需要は増加傾向にあり、これら検査の読影までも任されているところもあります。さらに病気の確定診断のための病理組織検査や細胞診検査における臨床検査技師の仕事がもたらす意義もより大きなものとなっています。

会員登録してコンサルタントに相談する

転職お役立ち情報

臨床検査技師の給与相場
臨床検査技師の気になる給与相場について。
臨床検査技師の求人動向
求人動向 現在の臨床検査技師の求人動向について。
臨床検査技師の職務内容
臨床検査技師の具体的な仕事内容(新卒向け)