施設形態による業務の違い|iDoctor臨床検査技師

TEL:0120-936-520

施設形態による業務の違い

1.はじめに

検査技師の業務はその幅が非常に広く、業務内容も多岐にわたります。

医療機関における主な業務内容としては大きく検体検査生理機能検査の2種類に分けられます。しかし、就業場所を医療関係の企業などのにも広げるとその業務は更に多岐にわたります。

それぞれの業務を細かく分類すると、施設形態によって違いがあり、それぞれに臨床検査技師の活躍の場があります。施設ごとにどのような特徴があるか、詳しく見ていきましょう。

2.臨床検査技師の就業先は?

臨床検査技師の就業先については、病院・クリニック・健診センターはもちろん、臨床検査センター、治験コーディネーター(CRC)、臨床開発モニター(CRA)、医療機器メーカー等の企業と、様々な場所で活躍できます。

病院勤務の場合

臨床検査技師の病院での業務は、臨床検査全般を行うことになります。

臨床検査には、検体検査と生理機能検査があり、ほとんどの場合は様々な業務を決められたローテーションでまわることが多いようです。しかし、ローテーションといっても日々のローテーションであったり、数年ごとに配属が変わるという形であったりと、その方法は各病院によって違いがあります。

検体検査は、院内検査を行っている病院の場合に行いますが、その内容に関しては病院の規模や専門性によっても異なります。例えば精神科病院等、専門病院の場合、検体検査についてはその大部分を臨床検査センター等の施設に外注している場合があります。しかし、一般病院・専門病院でも、救急対応のある病院では検体検査に関しても多くの項目を院内で行っています。特に二次救急・三次救急指定の病院や大学病院や総合病院などでは迅速な診断が求められる状況も多い為、ほとんどの項目を院内で行います。

生理機能検査に関しても、検体検査と同じように病院の規模や専門性によって多少の違いがありますが、ほとんどの場合ひと通りの生理機能検査が行われます。病院の場合、検査技師が行う生理機能検査業務の中で特に求められるスキルとして、採血業務があります。外来の採血を看護師とともに行うことが多く、病院勤務の経験のある方は採血のスキルの高い方がとても多いです。また、エコー検査に関してもかなりの需要があります。

クリニック勤務の場合

臨床検査技師のクリニックでの業務は、生理機能検査がメインの仕事になります。

多くのクリニックが検体検査は外部の臨床検査センターに外注しているということがほとんどではありますが、尿・便等の一般検査や血液検査等に関しては院内で行っているクリニックもあります

先程も記載したように、生理機能検査がメインの業務となりますが、生理機能検査といっても数ある項目の中で、クリニックごとに検査技師の任される業務に違いがあります。例えばエコー検査一つをとっても、婦人科系のクリニックであれば乳腺エコーが必須であったり、循環器系のクリニックでは心エコーが必須であったりと、各クリニックで必要なスキルに違いがあります。

エコー以外の生理機能検査においても特に採血・心電図に関しては検査技師が行うことも多いので、クリニック勤務を希望する場合に必須のスキルになります。

またクリニックの場合、臨床検査技師の人数体制は少人数です。なので、日々の業務内容は病院に比べて幅が広く、受付・電話対応等の事務的な仕事も兼任する場合もあります。

健診センター

健診センターでの業務については、臨床検査技師の仕事の中でも最もサービス業的要素の高い施設です。健診センターに来る方は患者ではなくお客様ですので、病院やクリニックに比べて、サービス業としてお客様相手の対応力というところも求められます。

臨床検査業務としては、ローテーションで行う施設が多いようですが、1日の中でこなす業務としては担当業務をもくもくとこなしていく形になることがほとんどです。例えば、採血室が担当だった場合は一日中採血業務を行い、エコーの担当であれば何十件という数のエコーをとることになります。

施設によっては病院を上回る人数の検査技師をかかえる健診センターもありますので、先程も記載したように担当業務制の施設がほとんどなく、一つの項目に関するスキルを活かしたり伸ばしたりという意味ではピッタリの環境です。

臨床検査センター

臨床検査センターでの業務については、もっぱら検体検査業務になります。病院・クリニック・健診センター等から受けた検体を検査する仕事です。

臨床検査センターといっても、民間の臨床検査センターと、病院が持っているブランチラボとの大きく2種類あります。病院での勤務の場合、病院で雇用されて検査室に配属という形になります。上記の病院業務で記載したように、病院内で配属先の異動がある可能性があります。民間の臨床検査センターの場合、ほとんどが検体検査業務となり、その他は病院やクリニックからの問い合わせ対応を行う事となります。たくさんの施設から様々な検体検査の依頼を受けますので、一般的に病院のラボでは行われないような狭い領域の検体検査を行うこともあり、検体検査のスキルを深めることができます。また、患者と直接かかわることがなく、対人の業務はかなり少ない環境になります。

治験コーディネーター(CRC)・臨床開発モニター(CRA)・医療機器メーカー等の企業

医療従事者として国家資格を持っている方々の仕事として、治験コーディネーター(CRC)・臨床開発モニター(CRA)・医療機器メーカー等の企業での業務があげられ、医療従事者としての目線で様々な人を相手にします。

資格や臨床の経験を活かす業務ではありますが、臨床の現場からは離れてしまうため臨床検査技師としての業務を行うことは基本的にありません。(医療機器メーカーで機器の動作テストやデモンストレーションなどを行うことはあります)そのため、長くこういった企業で働いた臨床検査技師が臨床の現場に戻ることは簡単なことではありません。

一方でこういった企業求人では、内外への折衝能力や事務処理能力など、企業における一般的なスキルが求められます。また業務内容ではありませんが、面接などの選考も医療機関に比べるとかなり厳しいところが多いです。しかし逆に言えば、そういった一般的な能力を身につけることで、臨床検査技師としても重宝されますし、他の一般職へのキャリアパスというものも見えてくる可能性があります。

3.さいごに

臨床検査技師の資格を活かして働く環境として上記のように様々な施設があります。ご自身の興味のある分野から就業先を選んで頂く事はもちろん、プライベートな状況に合わせて、職場を幅広く選択することができます。

是非、ご転職の際にはエージェントにご相談頂けましたら、ピッタリの職場をご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい!

会員登録してコンサルタントに相談する

臨床検査技師の基礎知識

国家試験の概要・合格率
臨床検査技師の国家試験の概要・合格率など。
臨床検査技師の業務内容
臨床検査技師の業務内容について。基礎はまずはここから!
施設形態による業務の違い
医療機器の高度化、チーム医療の推進、透析患者数の増加などによって、臨床検査技師の活躍の場は日々広がっています。

転職お役立ち情報

臨床検査技師の給与相場
臨床検査技師の気になる給与相場について。
臨床検査技師の求人動向
求人動向 現在の臨床検査技師の求人動向について。
転職成功の秘訣
臨床検査技師として転職を成功させるためのコツとは?
熱意を伝える履歴書の書き方
希望する施設に向けて最高の履歴書を書きましょう!
臨床検査技師の職務経歴書作成
あなたの経験を100%伝えるためには重要なポイントがあります。
転職成功事例
実際に転職に成功された臨床検査技師さんのアンケートをご紹介します。